生活習慣の改善も必須!入浴時間を有効活用してふくらはぎの浮腫みを改善しよう

太もも&ふくらはぎのバランスが美脚への鍵!ふくらはぎが太る原因と解消法で紹介したように、ふくらはぎが太って見える原因の一つとして『浮腫み』があります。特に女性には多い悩みでしょう。何故、よくふくらはぎが浮腫んでしまうのでしょう。

18

体の浮腫みは特に女性に起こりやすく、顔で約90%、足で約60~70%の割合が女性が占めています。浮腫みが目立つと、太って見られがちになりますよね。どうにか、浮腫みを解消する方法を見つけたいものです。

 何故、女性は浮腫みやすいのか?
ホルモンバランスや少ない筋肉量が原因ではないかと考えられています。
 ●筋肉量の低下●

ふくらはぎの筋肉が少ないと、ふくらはぎに溜まった水分や老廃物などを心臓に押し戻す力が足りず、浮腫みやすくなってしまいます。適度に筋肉をつけ代謝を良くすることで、浮腫みにくい体質に変える必要があるでしょう。

 ●血行不良●

女性は男性と比べると、月経や出産などで血液の入れ替わりが多くなります。そのため、血行不良になることもシバシバ…。最も心臓から離れた位置にあるふくらはぎは、大変浮腫みやすくなるのです。マッサージなどで代謝を良くし、血液の循環を良くしてあげる必要があります。

今回は、この2点のうち簡単な『血行不良改善マッサージ』をご紹介します。

自宅でもできる、ふくらはぎセルフマッサージ!

ふくらはぎの浮腫み取りマッサージは、多くのエステサロンでも行われています。しかし、時間やお金を気にせず浮腫みを除去したいなら、毎日のセルフケアでも解消できます。

☆お風呂でリラックスマッサージ☆

入浴時や入浴後は、最も体が温まっている時間であり、浮腫みが取れやすい瞬間でもあります。特に38~40度の半身浴が効果的です。

◆方法◆

 

①ふくらはぎを下から上に向かってさすり、膝裏にあるリンパ節を押します。

 

②両手でふくらはぎを包み込むように持ち、下から上に向かって左右にねじるように揉んでいきましょう。

 

③拳でふくらはぎを下から上向かってこすります。

 

※①~③を5回ずつ行い、反対の足も同様にマッサージしていきましょう。

日常生活から浮腫み解消の行動を!

マッサージのほかにも、以下のような点に気をつけて生活すると浮腫みを早く改善できます。

18-2

 長時間同じ姿勢をとらない
 体を冷やさない
 高いヒールばかり履かない
 塩分の摂り過ぎに注意