自宅で毎日できる!5分間の簡単ストレッチで美脚を手に入れる方法

脂肪が蓄積しやすい太ももは、ダイエットを試みてもなかなか効果がでない人が多いのではないでしょうか。そこで、誰でも簡単にできて効果が期待できる太もものダイエットストレッチをご紹介します。

2

ストレッチを怠っている太ももの筋肉の状態

普段からストレッチを行っていない太ももは、筋肉が緊張して老廃物が蓄積されやすい足になります。硬い筋肉のせいで、太ももが太く見えてしまいかねません。

太もものストレッチを行うことで、硬い筋肉をゆるめることができます。柔らかく弾力のある筋肉は、血行を良くし、基礎代謝を上げてくれます。太ももの筋肉は体の中でも大きい筋肉なので、太ももをストレッチするだけで全身の老廃物や脂肪が落ちやすくなるというわけです。

太ももストレッチを行うポイント

 

その1)気持ちいい程度の強さで行う
「より柔らかくしたい」という思いから、痛いと感じるストレッチを行うと、筋肉を痛める原因になります。慣れるまで反動を使わず、ゆっくりした動作のストレッチを行いましょう。

 

その2)呼吸を止めない
息を止めないように、自然な呼吸を心掛けましょう。筋肉を伸ばす時に息を吐き、ゆるめる時に息を吸うのが基本です。

 

その3)入浴後に行うこと
血行が良くなっている入浴後が、ストレッチの効果が上がるタイミングです。

 

2-2

超簡単!効果的な太ももストレッチ法

●太もも前のストレッチ●

壁に片手をついて立ちます。片足を後ろに曲げて、つま先を持ち太もも前の筋肉を伸ばしていきましょう。つま先がお尻に近付くほど、強度があがります。

●太もも裏のストレッチ●

開脚して背筋を伸ばして座ります。つま先を天井に向け、右手で左足のつま先のほうに手を伸ばしましょう。自然と体が倒れるように、反動をつけないように注意しましょう。

●太もも内側のストレッチ●

横向きに寝転び、上になっている足は膝を立てて曲げておきます。下の足をゆっくり上に持ち上げ、3秒キープさせたらゆっくり下に戻していきます。各10回行うといいでしょう。
ほかにも、様々な太ももストレッチがあります。立つ・座る・寝転ぶなどの姿勢で、太ももの筋肉が伸びるストレッチを模索してみましょう。様々なスタイルのストレッチを行うことで、太もも細部の筋肉にも刺激が加わり、より柔軟性がアップするでしょう。