ミニスカートも可愛く着こなせる!短期美脚ダイエットに必要なエクササイズ

夏が近づくと、足を露出する機会が多くなるでしょう。しかし、その時期からのんびり足痩せダイエットをスタートさせても、効果が出始める頃には夏は終わっていることでしょう。そこで今回は、短期間で足痩せ効果のある方法をご紹介したいと思います。

30

太ももの脂肪を落としたい人、引き締まった足にしたい人、ふくらはぎ太りをなんとかしたい人…。これらを解消することができる共通点は『運動』です。有酸素運動や筋トレを行うことが最も重要になります。

自宅で行う筋トレはムキムキにはならない!

スポーツジムで筋トレを行うと、負荷を自由に変えることができるので、重い負荷に設定すると筋肉は大きく発達してしまいます。しかし、自宅で筋トレを行うと軽い負荷になるため、細く引き締まった筋肉ができるのです。

おススメは『ながらダイエット』です。
 かかとを上げて家事をする
 スクワットしながら洗濯干し
 読書やテレビ観賞をしながらブリッジ
 足を浮かして座る

このように、自宅にいる間や仕事中など、本格的に運動ができない時間は『ながらダイエット』を毎日積極的に行うと、早く足痩せ効果も現れるでしょう。

有酸素運動は早歩きが効果的!

有酸素運動といえば、ジョギングや自転車などが思い浮かびます。しかし、早く効果を出したいからとペースを早くしすぎると、筋肉が大きくなったり、脂肪燃焼前に疲れてしまうなど逆効果となります。おススメは『早歩き』!

ウォーキングよりも早いペースで大股で歩くことで、太ももやふくらはぎを大きく動かすことができます。

 早歩きはお腹や背中、腕、胸など全身の筋肉を使うため、脂肪燃焼効率もアップします。20~30分間の早歩きを週に3日程度行うようにしましょう。

浮腫みはその日のうちにケアをすること!

座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事をしている人は浮腫みで足が太って見えるでしょう。浮腫みが慢性化したり蓄積すると、ケアをしてもなかなか解消できにくくなります。そのため、『今日の浮腫みは今日中にケア』を心掛けましょう。

 くるぶしやふくらはぎ、太ももを両手で揉みほぐすだけでも浮腫み解消に効果的です。

短期間で美脚を手にいれるためには、1日で足を使用する頻度を増やしたり、念入りなケアを行うことで実現できるでしょう。より早く効果を出したい人は、エステを利用するのもおススメです。