冬でも脂肪を寄せ付けるな!寒い冬にできる足痩せダイエット法

冬は寒さから体を守るために、脂肪が蓄積されやすい時期です。元から脂肪がつきやすい体質の女性にとってはツライ季節かもしれませんよね。そこで、寒い冬だからこそやっておきたい足痩せ法をご紹介します。

40

冬になるとお尻や太ももが太りやすくなる人はたくさんいるでしょう。

冬に足が太ってしまう原因と解消法

本来人間の体は、寒くなればなるほど体温を維持しようとする機能が働き、よりたくさんのエネルギーを消費します。基礎代謝が上がるので、冬は痩せやすい季節なんです。それでも太ってしまう人が多いのは何故なのでしょう?
●消費カロリー<摂取カロリー

夏は暑さが影響して食べることが辛くなり痩せる人がいます。しかし、冬はどんな食べ物もおいしく食べることができます。しかも、クリスマスや正月、バレンタインなどのイベントも盛りだくさん。消費カロリーが高くなる冬でも、摂取カロリーが多いと必然的に太ってしまうでしょう。

☆解消法☆

体の代謝を上げる食べ物を積極的に摂りましょう。足痩せと食べ物には深い関係が!?美脚のためのおススメ食事法を参考に、食事やスープ、ドリンクなどに取り入れることをおススメします。また、甘いケーキやおせち料理など高カロリーの食事をしたら、その前後で摂取カロリーを抑えるなど調整するようにしましょう。

40-2

●寒さから運動意識も低下してくる

気温が下がり寒くなると、外で運動をすることはもちろん、室内でエクササイズを行う意識さえも低下していきます。運動を行わないと、脂肪が蓄積しやすい太ももやお尻がどんどん太っていくでしょう。

☆解消法☆

運動で代謝を上げることができない場合は、半身浴や岩盤浴、サウナなどで汗をかける環境で過ごすのがおススメです。体を温めたらしっかりマッサージでセルライトを揉みほぐすと、脂肪蓄積を予防できます。
●体が冷える

冬の寒さにより体が冷え、血液やリンパの循環が悪くなります。それにより、足の浮腫みがひどくなることも…。冬でもオシャレに過ごしたいからと言って、薄着や生足で過ごすのも体を冷やす原因になります。

☆解消法☆

室内でも靴下やレッグウォーマー、貼るカイロなどで体を冷やさないようにしましょう。外出時はスカートよりパンツスタイル、パンプスよりブーツを選ぶなど、足元を冷やさない努力も必要です。
冬は足太りだけでなく、お腹や背中、二の腕などにも脂肪が蓄積しやすい時期です。上記の3点に気をつけて冬を過ごすと全身の体型維持にも繋がるので、是非意識してみて下さいね。