太ももの筋肉を増やそう!キュッとメリハリのある足になれる3つの簡単筋トレ!

人間の体には多くの筋肉が存在し、中でも太ももには全身の6~7割の筋肉が集中しているといいます。それだけ大きな太ももの筋肉を鍛えると、太ももはどうなるのでしょうか。

4

お尻や太ももの贅肉が気になる人は多いでしょう。太ももの脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を行うことが有効であると、スッキリ美脚には有酸素運動!脂肪燃焼に効果的なウォーキング法で述べました。しかし、脂肪を落とすだけでは、痩せているように見えますが、キュッと引き締まった太ももには見えません。

また、脂肪が燃焼されても、筋肉量が少ないと基礎代謝が低くなり、リバウンドしてしまう可能性があります。筋肉量が多いと基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効率がアップします。

 つまり、日中活動や運動での消費カロリーが増えるというわけです。

太ももに筋肉をつけることは、引き締まった美脚を作るだけでなく、脂肪を燃焼しやすくリバウンドしにくい体に変化するのです。

太ももの脂肪を落としつつ、美脚を目指すなら、筋力トレーニングと有酸素運動を行うようにしましょう。

初心者でもできる太もも筋トレ講座

 

 ~スクワット編~
体の中で最も大きい太もも前面の筋肉を鍛えます。

 

①足を肩幅くらいに開き、両手は頭の後ろで組みます。目線を斜め上に向け、背中が曲がらないように背筋を伸ばしましょう。

 

②姿勢をキープして息を吸いながらゆっくり膝を曲げていきます。膝が直角になる手前で止まり、息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻りましょう。
※お尻を後ろの突き出すイメージで行います。

 
 

 ~ワイドスクワット編~
太ももの内側の筋肉を鍛えることができます。

 

①両足を肩幅よりも大きめに開き、腕を体の前で組みます。つま先の角度は40度くらいになるように開きましょう。目線が下がらないように斜め上を見ます。

 

②スクワット編②と同じ
※スクワットと動作は同じですが、足を大きめに開くことで内ももの筋肉が伸びているのが分かります。

※スクワット、ワイドスクワットともに、15~30回×2~3セットを目安に頑張りましょう。

 
 

 ~太もも起こし編~
太ももの裏の筋肉を鍛えることができます。

 

①うつ伏せに寝転び、足は肩幅に開きます。

 

②息を吐きながら太ももを真上にあげ、15~30秒キープしましょう。その間、自然な呼吸を続けます。
※上半身の力を使わず、太ももやお尻に力を入れて持ちあげましょう。
※数㎝太ももが浮くくらいでOKです。

 

スクワット 太もも前
ワイドスクワット 太もも内側
太もも起こし 太もも裏

太ももの筋肉をバランスよく鍛えることで、より美しい形の太ももが手に入るはずです。