運動量が多い有酸素運動!水中運動で効果的に足痩せダイエット

有酸素運動の一つとして有名な水中でのトレーニング。脂肪燃焼の効果が最も高いのではないかとも言われていますが、足痩せとしての効果はどのくらいあるのでしょうか。

9

水中運動で得られる効果

冷たい水の中にいると、体温がどんどん奪われていきます。人間の体は生理機能の働きにより、体温を一定に保とうとし、陸上にいるときよりたくさんのエネルギーを燃やします。そのため、より高い脂肪燃焼効果が得られるというわけです。

そのほかにも、以下のような利点があります。
 浮腫みを解消できる
 インナーマッスルに刺激を与えるので美しいボディラインを手に入れられる
 腰痛や膝痛もちの人でも体に負担をかけずに運動ができる
 水圧によるマッサージ効果で皮下脂肪が燃焼しやすくなる
 リラックス効果がある

泳ぎ方などでもダイエットの効果は異なりますが、陸上での運動よりたくさんの効果が得られるようです。

それでは、足痩せ効果がある水中運動をご紹介しましょう。

泳ぎが得意な人の足痩せダイエット法

問題なく水泳を楽しめる人は、水中ウォーキングよりもしっかり泳ぐことが鍵になります。泳ぐ時は以下のポイントを意識して泳ぐようにしましょう。

●よりたくさん足の力を使って泳ぐこと●

クロールや平泳ぎ、背泳ぎなどは腕と足の力で前に進みますが、足痩せしたい人はできるだけ足の力に集中して泳ぐようにしましょう。慣れないうちはビート板を使って、バタ足や平泳ぎの足の動きを行ってみましょう。

●ゆっくり大きな動きを心掛ける●

競泳のようにスピードを重視して泳ぐと、呼吸が激しくなり無酸素運動になります。また、筋肉が大きく発達してしまうため、逆に足が太くなる可能性があります。ゆっくり大きな動作で15~20分泳ぎ続けるようにしましょう。

9-2

泳ぎが不得意な人の足痩せダイエット法

泳ぎが不得意な人はまず、水中ウォーキングやアクアビクスなどを行いましょう。
●水の抵抗を利用●

水中で動く時は、大きな動きを意識しましょう。水の抵抗を受けることで筋トレをしているのと同じような効果が得られます。水中ウォーキングを行う際は、後ろ歩きや横歩きなど、歩き方のバリエーションも増やすと、多くの筋肉を使うため、効率がいいでしょう。

泳ぐことが苦手な人でも、水中での足痩せダイエットを行うことができます。少しずつ、泳げるように練習して、苦手も克服していきましょう。