場所をとらずに自宅でできる!太もも&ふくらはぎに効果的な踏み台昇降運動

スポーツジムのスタジオレッスンでも取り入れられている踏み台昇降運動(ステップ運動)は、最近では自宅で行う人も増えてきました。この動きにより、お腹からふくらはぎにかけてシェイプアップすることができます。

12

踏み台昇降運動とは?
踏み台などの段差を昇り降りする有酸素運動です。腹筋や背筋、お尻、太もも、ふくらはぎなどの筋肉を鍛えることができ、ウエストのくびれ効果や浮腫み解消、引き締まった足、美しいヒップラインなどが期待されます。

このような筋肉が鍛えられると、基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなります。

踏み台昇降運動を行うメリット

有酸素運動にはジョギングやウォーキング、自転車などの方法がありますが、踏み台昇降運動を選ぶメリットがあります。

 天候が悪い日でも自宅内で行える
 特別に道具を用意しなくても行うことができる
 体力に合わせて運動強度を変えられる
 ボディラインが整い、痩せやすい体質になれる

 当然デメリットもあります。デメリットの面を解決する方法もご紹介します。

 昇り降りだけの単純運動なので飽きやすい
 テレビや音楽を鑑賞しながら行うと、時間が経つのが早く感じるでしょう。また、ジョギングやウォーキングなど、他の有酸素運動も行うと長く継続できるでしょう。
 慣れないと筋肉痛になる可能性がある
 低い段差から始めても、運動に慣れていない人はヒドイ筋肉痛に陥る可能性があります。体が慣れるまで、踏み台ナシで足踏みから始め、慣れてきたら低い高さから少しずつ高さを加えていくようにしましょう。

12-2

踏み台昇降運動の方法

※前もって台を用意しておきましょう。階段、雑誌を重ねテープで固定させたものなど5㎝~30㎝で用意します。

 

①背筋を伸ばした状態で右足を踏み台に昇り、左足も踏み台に乗せましょう。そして右足から降り、続いて左足も降ろします。

 

②次は、左足から踏み台に昇り、右足を乗せます。左足を降ろし、右足を下ろしましょう。①・②を10~30分間繰り返します。

 

※腕をしっかり振り、大きな動きを意識しましょう。

地味な運動ですが、鍛えたい部位をしっかり意識することで、その部位が効果的に鍛えられます。姿勢を崩さず大きな動きで継続するようにしましょう。